BrotとBrötchenの違い。

 04, 2016 13:24
4月2日(土)に、またもや久しぶりに販売をした店主の妻でございます。

私は普段は別なところで働いていますので、たま〜に店の手伝いをするのが、かなりのプレッシャーになっています。粗相がないようにとがんばればがんばるほど、絶対、良くない方向に暴走して、店主に怒られるんです。

マーフィーの法則?

所詮、プレッシャーに弱い女なんですね。。。。


まあ、愚痴はこの辺にしまして、早速今日のお題「BrotとBrötchenの違い」についてご説明させてください:

ドイツ語をちょっと知っている一般ピープルの概念として、Brotは大きいパン、Brötchenは小さいパン、ですよね。


では、その境界線はどこなんですか?と店主に聞いてみたところ、

Brötchenは、焼き上がりの重さが、50グラム、と決まっているそうです。また、ひまわりの種やナッツなどが入っている場合は、75グラムまで、Brötchenのくくりとのこと。

それ以上の場合は、Brotと呼ばれるそうです。

その焼き上がり50グラムのBrötchenですが、なんと、焼き上がりのきっちり2時間後に計測してその状態、と規則で決まっているそうです。

そして、突然前触れもなく査察官がやってきて、店のパンを計測して、その重さに誤差があった場合、なんと、罰金を支払わねばならぬそうなのです。(恐)

だから、ドイツのパン屋では、このパンは何時に焼きました、っていうオフィシャルな証拠もとっておかねばならぬとか。。。

いや〜、お国柄ですかね。かなり厳しい印象があります。


余談ですが、お国柄ジョークというのがありまして、ドイツ人を納得させたかったら、「規則でそう決まってます。」というのが効果的だとか。(笑)

日本人の場合、「みなさん、そうやってる。」だそうです。


妙に納得。。。うちの店主もたしかに、「規則」という響きにはかなり敏感に反応しますね。

スポンサーサイト

COMMENT 2

Tue
2016.04.05
16:18

やま #-

URL

ライ麦💛バンザイ\(^o^)/

日曜日にそばを通りかかったのですが、残念お休みだったので 本日自転車を飛ばして初めて伺いました。

ライ麦90%、全粒粉だという、vollkornbrotをいただきました。
固くなっても美味しいとご店主様が教えて下さったもったのですが、
買って1時間、既に半分なくなってしまい。。。
大きなパンだったのに、あっという間になくなりそうです。 

毎日、1食~2食の少食主義なので、いただくものは出来れば噛むほどに美味しいもの、氏素性のわかるもの、wholeでいただけるものを、という好みがあるのですが、これはまさにピッタリ!!

大げさなようですが生命をいただいているのだと感じられ、満足感高く、口福です。またうかがいまーす。

Edit | Reply | 
Wed
2016.04.06
14:27

Bäckerei Thüringer Wald #-

URL

>やまさま

こんにちは。
暖かいコメントをいただきましてありがとうございます。

早速、店主に伝えたところ、「やまさまのことはしっかり顔も覚えてる〜」と言ってました。
こんな素敵なコメントをいただいて、本人もモチベーションががっつり上がってみたいでして、
夫婦ともども、やまさまには大変感謝しております。

私も店主のパンを食べ始めてからは、他のパンに手は出せなくなりました。
やはり、「パン作りが楽しくてしょうがない〜」「だれか止めて〜」な店主ですんで、
そのあたりがよい味につながっているのかと思いました。

これからもご贔屓にしていただけたらうれしいです。ありがとうございました!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?