FC2ブログ

Photo Gallery

もうすぐイースターですねー。

日本ではあまり馴染みが深くないかも。
欧米諸国では、卵にペインティングして飾ったり。楽しい休暇が始まります。


当店もドイツ代表(←勝手に命名。)として、何か特別なお菓子を作らねばということで、新作のご紹介です。

その名も、Osternest_イースターの巣


IMG_0021.jpeg

中央に卵型のチョコレートが載っていますが、こちらは店主手作り。チョコレートはもちろんベルギー製です。

イースター中の期間限定品となりますので、ご来店をお待ちしております。
スポンサーサイト



寒暖の差が激しい、今日この頃。皆様、体調はいかかでしょうか?

早速ですが、新作パンのご紹介です。

その名も、Gesundheitsbrot_健康パン。何となく、学校給食の響きがしなくもないですねー。


IMG_0015.jpeg

な、なんと、パンの粉のつなぎは水を使わずに、豆乳(100%)を使っているんですって。

そして、白の全粒粉を使っているから、体に良いのは間違いないですね。


ええ、ここだけの話しですが、私、豆乳が苦手ないんですわ。体にはいいのでしょうけどねー。パンに豆乳ってどうよ?



店頭には、明日(3/24)から並びますが、すでに試作品を、お店に来られたお客様にお出ししているらしく、

「おいしー。」って言われたんですって。ほー。

まあ、こだわりの店主が太鼓判をだしていますからね。是非、ご賞味ください。


IMG_0016.jpeg




ちなみに、誰かがくしゃみをした時に、「Gesundheit!」っていうの知ってました?

これドイツでは言いますけど、アメリカ人もドイツ語で言ってましたよ。発音が、妙にアメリカンでしたけどね。





春ですねー。

3月は移動の季節。花粉症の季節。
なにかと慌ただしい。。。環境が変化する方もおられるのではないでしょうか?

そんなストレスを当店のクーヘンで、一気に発散しちゃいましょう。


新作のご紹介です。

その名も、


Sakura-Kuchen_さくらクーヘン



Sakura-Kuchen



実は、当店に通ってくださっているお客様で、ドイツ本国で伝統の「Kirsch-Kuchen_さくらんぼのクーヘン」を食べた方がおられ、「当店でも是非。」とのリクエストをいただきました。

それにお答えする形で「さくらクーヘン」と命名して、本日より販売を開始しています。



クーヘンの表面は卵白で包んで焼いてあり、なかにごろっとさくらんぼが詰まっています。



ドイツの「さくらんぼクーヘン」をぜひご賞味ください!



当店は、大型チェーン店のアンテナショップではなく、ドイツ人店主がひとりで手作りしている小さいパン屋です。

また、素材も厳選し、日本ではなかなか味わえないドイツ伝統のパン、また、店主の趣味で始めた世界にひとつしかない創作パンをたくさん取り揃えております。

ご来店を、心からお待ちしております!

スタッフ募集のご案内です。


ドイツ国内でも絶滅危機に瀕している、Alt Backen(=伝統的な焼き方。)でパンを製造しています。

型を取って焼くだけ、冷凍を焼くだけ、に飽き足らず、ドイツ伝統のパン製造に興味のある方のご希望をお待ちしています。

ドイツ本国のお客様から、「懐かしい味で、ホームシックだ!!!」と言わせているパンを販売してます。



意気込んで応募してくださる方は随時おられるのですが、その後の持続力がないですねー。数ヶ月で、店主の技術やレシピを真似しようとしても、それは無理です。だって、店主はパン職人歴、40年ですから。厳しいドイツの徒弟制度の生き残りです。

仕事って、思いつきやノリで始めるものではなくて、自分の人生をパン作りに懸けられるのか、とことん突き詰めて考えていただきたいです。

パン屋は、決して楽して稼げる商売ではありません。本当にパンを愛する職人だけが淘汰されて生き残っていく。
それは、お客様へも自然と伝わっていくものなのですよね。。。

あー、すみません。ちょっとした妻の愚痴も入ってしまいました。


IMGP0927.jpg



職種:フルタイム 
勤務日:毎週月〜土(日が定休、その他応相談)
勤務時間:午前9時〜午後7時

主な職務内容:
ドイツパン・ドイツ焼き菓子の商品陳列、販売、製造補助

*当店、小さい店のため、柔軟に対応してくださる方を歓迎致します。

詳細条件については、店主と話し合いの上、決定いたしますので、お気軽にお声をかけてください。


ご応募、お待ちしています。

WHAT'S NEW?