Photo Gallery

当店の、現在の売れ筋商品Apfel Bombeのご紹介です。

日本語に直訳すると、りんご爆弾。(笑)


apfel_bombe.jpg

表面は大理石風の模様が入っていますが、中にりんごが、どかーんと入っております
(断面図を撮影するのを忘れました。申し訳ございません。)


味ですが、日本で普通に売られているアップルパイ系の味とは、全然違います。
チョコレートとりんごの組み合わせが、すでに日本ぽくないと、私は思っています。。。

今回、私がりんごを多く仕入れすぎたため、期間限定で割引して販売することとなりました。


2月22日(水)〜25日(土)まで、定価の15%割引で販売させていただきます。

現品限りとなりますので、売り切れの場合はご容赦くださいませ。


**********************************************************

余談でございますが、うちのビーグルさん、おとといセルフ散歩にひとりで出かけ、一晩戻ってきませんでした。。。
ものすごーく心配して、私はもう二度とビーグルさんに会えないのではないかと覚悟までしました。
一応、警察に捜索願は出しました。

翌日の午後、「それらしき犬」が警察署に保護されたと、おまわりさんから電話がきて、車を飛ばして駆けつけました。

うちのビーグルさんでした。(涙)尻尾を振ってお出迎え。「お迎え、遅いじゃん。」と。(笑)

帰りはぐいぐい引っ張られ、おまわりさん達に爆笑されながら帰途につきました。


いやー、愛犬に翻弄されているワタクシです。
そして、捕獲してくださったご近所さんとおまわりさんには感謝です。

うちのビーグルさん、ご近所まわりでは、もうセルフ散歩は禁止、となったことは言うまでもありません。

今後は、ワタクシの厳しい監視下に置かれるビーグルさん。お手柔らかにお願いしたいものです。

IMGP0588.jpg

うちのビーグルさん(右側)。頭が良いです。(私より。笑)いつもしてやられてます。
スポンサーサイト
「ドイツでは、バレンタインデーに男性から女性にチョコレートを贈る伝統はないよ。」という店主。。。

日本のバレンタインデーとチョコレートの関係ってどうなんでしょうか?もしかして、メーカーの策略にのっかっちゃってるのかもしれませんね。


とはいいつつ、お客様から「バレンタインデー商品はあるの?」との問い合わせ複数ありましたので、慌てて(笑)バレンタインデー商品を販売することと、相成りました。

じゃじゃーん。

Valentin_1.jpg

こちらでございます。2種類あります。

一つ目は、

Valentin_2.jpg

見かけは、カップケーキ風です。「マフィン?」って聞かないでくださいね。店主、ものすごーくイラッとしますので。
「マフィンはアメリカの食べ物」だそうです。

注:店主は、アンチアメリカ派です。


カカオ味で、中にチョコレートが入っています。上にナッツがのかっていて、食感がよいです。

マフィンよりさくさくしてます。マフィンはマーガリンたっぷりでこってりですよね。。それとは違います。


もう一つは、

Valentin_3.jpg


です。下の方がふたつめです。

写真ではちょっと見ずらいですが、ハートの形をしておりまして、中にはしっとりカカオが入っています。高品質のチョコレートでがっつりコーティングしてありますので、ボリューム感がありますね。


余談ですが、当店、某大手食品商社さんから原材料の仕入れをしています。
配達をしてくださる営業マンから、ちょくちょくおすすめ商品(=サービスプライス?)を提示されるのですが、店主、全部却下してます。

誰におすすめしてるんですか?(怒)」って、ドイツ語で営業マンに声高に申している様。。。

うち、他にないパンや焼き菓子っていうのを売りにしてますんで、「普通」の材料をおすすめされても困るんですわ。
それだったら、駅近の大きい有名パン屋さんがいくらでもありますから。

ヨーロッパじゃ普通に手に入るけど、日本じゃなかなか、、って材料もたくさんありまして、店主の理想の味にするのはなかなか大変なのですが、そこは店主の腕の見せ所。



バレンタイン特別企画商品をどうぞよろしくお願い致します。

シュトレンの本家本元と言ったら、Dresdner Stollenであることはドイツフリークなら周知の事実。。。

Unknown.jpeg


昨夜、店主は顔を赤らめて帰宅しまして、「極上の褒め言葉をもらった。こんな嬉しい褒め言葉は初めて。」と言うではありませんか。


当店のお客様で、特にシュトレンを気に入ってリピート買いしてくださる方がいらっしゃいます。
みなさん、ドイツ本国には頻繁に行き来なされて、本場の味ももちろんご存知です。取引先へのお土産ですとおっしゃって大量購入していただいたりして、大変光栄に思っております。

そんな通なお客様の中で、Dresdner Stollenを定期的に購入しておられる、コアなStolleファンがおられます。極上の味をご存知な方です。

それにもかかわらず、「うちのシュトレンが、本家本元よりほんの少しだけ美味しさが優っている」とおっしゃってくださったとか。(感涙)


ほんの少しだけ優っている、ってところに、リアリティを感じたのはワタクシだけでしょうか?



1キロシュトレン

↑これは当店のStollenでございます。



店主の出身地Eisenachは、Dresdenまで最高速度無制限のAutobahnで車で走って4時間ほどです。そういえば、私もDresdenは、はるか昔に、店主に連れて言ってもらったこともありますなー。(遠い目)

どちらも旧東ドイツ地区でして、店主にとってDresdenとは色々な意味で思い出深い場所なんですね。


当店、お客様に支えられていますね。
売り上げがどうの以前に、お客様からの鶴の一声で店主のモチベーションが急上昇しますから。。。

ご来店の際は、ぜひ店主にお声をかけていただけたら嬉しいです。

あっ、焼くのに忙しくて殺気立ってたらすみません。。。


WHAT'S NEW?