Photo Gallery

連日、シュトレンの話題でブログ記事を更新しておりますが、さらにもう一丁。。。


家で500グラムのシュトレンを食べました。美味しさが詰まったいつもの味。


シュトレン2




で、私の職場用に1キロシュトレンを切り分けて、職場で食べてみたのですが、、、、、

1kg_stollen.jpg


ああ、、、味がもっとよいです。なんというか、ダイナミックな味。

同じ材料で作っても、大きさでこんなに味が違うのね、というよい例です。



これはパンにも同様のことが言えるのですがね。



ドイツでは、シュトレンは最低1キロからしか販売しません。



当店にお越しいただいたお客様の中でも、「切り売りはしてないのですか?」というお問い合わせをいただくのですが、

すみません、、、当店の場合、500グラムのシュトレンでさえも、大きさ的には妥協の産物なんですね。。。

だから切り売りはお受けしてないんです。やはり、当店のポリシーというか、店主の自分の製造物にかける熱い想いに反しますので。

もし当店の500グラムのシュトレンの味を気に入っていただけましたら、来年はぜひ、1キロのシュトレンのご購入をお薦めします。




もうすぐクリスマス。。。みなさま、楽しいクリスマスをお楽しみください!

スポンサーサイト
今年の営業は、12月28日(水)午後6時までとなります。

年明けは、1月5日(木)午前10時から営業を開始いたします。


Frank.jpg


営業時間のご案内だけだと寂しいので、店主の顔を載せてみました。

以後、お見知りおきを。。。

きたーっ。その名の通り、Weihnachtsbrot_クリスマスパンです。

Weihnachtsbrot_tate.jpg

ライ麦比率40%リキュールにつけたナッツオレンジピールレモンピールグレープフルーツピールを練り込んだ生地で焼き上げました。

トッピングに、チョコレートフォンダンがたーっぷりかかっています。


私、昨夜食しましたが、意外に甘くないですね。。。歯ごたえがあり、噛むごとにいろいろなフルーツの香りが鼻腔を刺激します。


Weihnachtsbrot_Kerzen.jpg


12月って、忘年会だ、パーティだと、お腹が空く暇がないくらいの美食飽食の季節ですが、疲れたお腹に優しいパンかもしれません。


Weihnachtsbrot_yoko.jpg


本日の一口メモ:店主も私もアナログ人間ですが、やっとiphoneとクラウド機能を少し使いこなせるようになりました。

今後は新作パンを、リアルタイムで更新できそうです。
ブログの更新、がんばるぞー。えいえいおー。(←自分に気合。)

新作が出ましたー。

その名も、Kranzbrot_クランツブロート

Kranzbrot_gross.jpg


名前の由来。。。。?聞くの忘れました。。。が、私の推測ではKranzってドイツ語で「(草や花で編んだ)輪っか」の意味があったはずなので、それかなーと。


ライ麦比率10%(白パンに近いです。)、ヘーゼルナッツクランベリーが入ってます。


そういえば、クリスマスオーナメントに見えなくもないですね。


Kranzbrot_klein.jpg


ぜひ、お試しくださいませ。


****************************************************


本日の店主一口メモ:ドイツ語でSheisseという言葉があるのですけど、日本語に訳すと「くっそー(怒)」って感じでしょうか。

私、この言葉を店主の口から聞くと、「いらー」っとします。

「やめろや。」って、冷たい視線を送ります。本人は気づかず、この言葉連発しますが。(笑)

もちろん店主本人も、上品な言葉でないことは承知の上。
そのため、店内でこの言葉を発した人は、罰金として100円をお支払いするしくみになっています。結構、たまってますよ。

結構な額になったら、従業員一同でお食事に出かける予定でございます。



人って、「絶対言ったらだめ」って言われると、つい言いたくなるもんなんですよね。。。

そこのあなた、店内でこの言葉を使わないようにご注意あれ。さもなくば、その場で罰金を支払う羽目になりますYO。


昨日、こめさまより、「1キロシュトレンまだありますか?」とのお問い合わせをいただき、「クリスマスまで切らさず店頭にあります」とお答えしましたが、店主より、「それ間違ってますから。」と指摘を受けました。

正しくは、『1キロシュトレンは、在庫がなくなり次第、終了とさせていただきます。』

1kg_stollen.jpg



500グラムの方は、クリスマスまで製造販売いたしますので、よろしくお願いいたします。

シュトレン1


シュトレンは、ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子ですが、基本的なレシピはあれど、パン屋ごとに味がかなり違ってくるようです。

ドイツでは大抵、ご近所の馴染みのパン屋のシュトレンを購入するみたいです。そこって決めたら、ずっとそこらしい。←いかにもドイツっぽい。。。


当店もリピートしてくださっているお客様が多いので、ありがたいことです。

店主が、秘伝レシピに改良を重ねに重ねた、他人には真似のできない作業がたっぷりつまったシュトレン。。。



クリスマスの贈り物に、当店のシュトレンはいかがでしょうか?

店主、レシピは無限大に持ってます。次から次へと出てくる、出てくる。(笑)

当店、お子様に人気ナンバーワン商品は、Bananenbrot_バナナパンでございます。

既に当ブログでもご紹介済みですが、念のためアップしますね:

バナナパン

↑あれれ、目玉親父に見えないかい?(笑)


で、、新登場したのが、Bananenkuchen_バナナクーヘン

ややこしーっ。(笑)いろいろありすぎて、脳みそ少なめな私は、全くついていけません。

bananenkuchen_klein.jpg


あなたは眠くなる、眠くなるzzzzzzzzz。なんつって。(笑)


「どうせ、見た目変えて、味は一緒なんでしょ?」って突っ込まれそうですが、いやーぜんぜん違う!

土台の部分がカカオですよ、奥さん。

歯ごたえは、バナナパンよりサクサクしてますね。大人な味。。。


banamenkuchen_gross.jpg


損はさせません。一度、食してみてくださいませ。



本日の店主一口メモ:

店主、パン職人は天職らしく、ほぼ一日中、パンのことだけ考えて生きてます。

が、趣味は?というと、料理ですって。

本当は料理人になりたかったそうなのですが、見習いに入る時期にバイクでこけて複雑骨折して、「重い鍋持つのはだめ」ってお医者さんに言われてパンの道に進んだんですって。

いやー、トリビア。。。。。
もう、師走。。。一年が経つのがあっという間ですね。。また、歳取っちゃいます。


しかし、、、、うちの店内は、100%ドイツ仕様ですので、クリスマスに向けて、お菓子の新作が続々と登場しておりますよ。


師走だ、寒い、歳取っちゃう、など、ネガティブな言葉はご法度でございます。


本日のおすすめのお菓子は、その名もズバリ、Weihnachtskuchen_クリスマスのお菓子

まんま、ですがな。(笑)

Weihnachtskuchen_klein.jpg

サンタさんが、たくさんいらっしゃいます。

さささ、ズームアップしてみましょう。







Weihanchtskuche_gross.jpg


ど〜お?かわいいでしょ。

ブルーベリーを蜂蜜につけたものがのっかってまして、その上のあみあみの部分は、マジパンでございます。
そして、極め付けにチョコレートがたーーーぷり。

ちょっとお疲れで、甘いものが欲しいわ〜となったら、これひとつで、大満足すること間違いなし。


当店のクーヘンで、クリスマス気分を盛り上げてまいりましょーっと。


ぜひ、お試しくださいませ。

WHAT'S NEW?