Photo Gallery

先日、なんで日本人はライ麦100%パンを欲しがるのか?という問いを当ブログに投げかけたところ、当店のお得意様からいろいろな答えをいただきました。

その中で、特になるほどね〜と感じた答えをご紹介します:

それは、

Punpernickel(プンパニッケル)と勘違いしてるのでは?!

です。

ちなみに、プンパニッケルはこちら
↓ ↓ ↓

punpernickel

プンパニッケルはドイツ発祥の黒パンで、同じドイツ生まれの全粒粉で作る「ロッゲンシュロートブロート」のひとつとされています。発祥の地はドイツ北部のウエストファーレン地方ですが、現在はドイツ全土で食べられており、日本でも広く知られるようになった伝統的なライ麦パンです。

ブンパニッケルは焼き上げるのにとても時間がかかる事で知られ、型に入れてから短くても4時間、長い場合は20時間もの間、お湯を張ったオーブンで蒸し焼きにする必要があります。
オーブンでカリッとした食感に仕上げるフランスパンとは対照的で、このドイツのプンパニッケルは水分が多く含まれ、もちっとした食感に仕上がります。また、カラメルを使用している為、甘さもあり、ライ麦粉の酸味も僅かに感じる事ができます。


(「パンの図鑑」より拝借いたしました。Danke!)


まず、上記の説明では、プンパニッケルはドイツ発祥とされてますが、店主曰く、発祥はポーランドだそうです。

だから、ドイツのパンじゃないしー、って店主は主張してます。


さらに、このプンパニッケルは、20時間以上もオーブンに入れておかなくてはいけないため、コストが見合わないから、ドイツ本国でも、あまり店で売りたい商品ではないみたいですね。。。

つまり、店を閉めている時間、ずーっとオーブンに火を入れて、焼いておかなくてはならいんですよね。日中は、他のパンを焼かなくてはならないし。

やはり、それを考えると、当店みたいな、ひとつひとつ手作りしている極小店では、手を出しずらい商品かなと感じています。


当店、残念ながら、そんなこんなの事情で、プンパニッケルは製造しません。

プンパニッケル以外で、是非是非、ご贔屓にしていただけましたら幸いです。


Vielen Dank für Ihre Aufmerksamkeit!
スポンサーサイト
土曜日の寒い中、群馬からわざわざ当店にお買い物にきてくださったお客様がいらっしゃいました。

ありがとうございます!

店主、またまた感激しておりまして。「ブログに載せろ」と指令を受けまして、早速更新をしている次第です。


20160223.jpg

Original Foto von Michiko T.



実はこのお客様からは、メールもいただいたのです。店主、読んでます。

が、

うちの店主、一本指打法でしか、メールが打てません。。。しかも、手がでかいので、うまくキーに手がのっからないんです。

だから、返事はかなーりお待ちいただくことになるかと。申し訳ございません。


群馬ですが、実は、うちに縁の深い場所でして。

うちのゴールデンレトリーバー、レオちゃんの故郷。。。
↓ ↓ ↓

IMGP0588.jpg



Wir lieben Gunma!!!


またのご来店をお待ちしております。


「日本人の口には合わないんじゃない〜?」と半信半疑で作り始めた、ライ麦90%パン(= Vollkornbrot)ですが、意外なほど売れていまして、嬉しい悲鳴をあげております。

これもひとえに、皆様のおかげと感謝しております。あ〜ざっす!!!

0219-1.jpg

Original Foto von Michiko T.


私も、ドイツで何度もVollkornbrotを食べたのですが、現地にいると美味しく食べられるんですね。旅の醍醐味というかね。

だから、日本に戻ってくるときにひっそりスーツケースに入れて戻ってきて、それを家で食べてみると、意外にもおいしくない。。。。

これはなぜなんだ?

「やはり、日本とVollkornbrotって、根本的にマッチングできないものなの?」とまで思っていましたが、その謎が解けました:



ひとつには、単純に、買い求めてから帰国するまでに、劣化したってことなんでしょうね。まあ、味はどうしても落ちますわな。

さらに私は、Vollkornbrotを、スーパーですでに完全包装されているものを買ってました。だから、たぶん、添加物が入ってて、それが酸化していたのかなーとも思います。




だから、店主の作ったVollkornbrotを食べたときに、「あれ、こんなに美味しかったでしたっけ?」って、作った方に聞いてしまいました。(笑)純和風建築の自宅で食べても、当店のVollkornbrotは違和感ございません。。。

そして、チーズやハムだけではなくて、ジャムにも合うんですわー。私は、さくらんぼのジャムが特にすきなんで、厚めに塗って食べてます。




前置きが長くなりましたが、Vollkornbrotの売れ行きに気を良くして、今度は、ひまわりの種付きVollkornbrotを売り出しました。

↓(左側:ひまわりの種付き、右側:オリジナル)

IMG_1157.jpg


Original Foto von Kimiko U.


こちら、ナッツの風味が香ばしくて、プレーンなVollkornbrotとは別な食感が楽しめます。



当店、開店当初は、日本のパンに慣れたお客様をイメージして、ちょっとドイツ色を控え目にしながら始めましたが、ドイツパン通なお客様のご来店数がおかげ様で随分増えていまして、どんどんドイツ度高くなっています。


Unsere Bäckerei wird germanisiert Tag pro Tag! (当店は、日に日に、ドイツ度高く進化しておりますー。)

注)germanisierenは、本当のドイツ語ではありません。知る人ぞ知る合成語。「ドイツ化する」という意味で、germanisieren。

ほーら、当店のブログは、ドイツパンだけじゃなくて、(怪しげな、まがいものの)ドイツ語のお勉強にもなることが証明されましたよ。ふふふ。

また来てね!

ぞくぞくと、新作パンが登場している当店ですが、今日は、当店一押しメニューをご紹介いたします。

michiko1.jpg

Original Foto von Michiko T.


こちらは、当店のショーケースの横からみた感じです。毎日、30種類のパンと焼き菓子がみなさまをお待ちしております。


本日のおすすめは、こちら。↓

michiko2.jpg

Original Foto von Michiko T.


左側:Goma-Brötochen

表面に黒ごまがかかっています。さらに、生地にも、黒ごまを練り込み、内側にはとろ〜りチーズが入っています。

黒ごまとチーズ?

わたくし的には、「なし」でしたが、実際に食してみたところ、これが絶品〜。


右側:Rebecca

ライ麦70%Brotの生地に、クランベリーを練り込んで焼きあげました。

ライ麦、ちょっと食べずらいわ〜と密かに考えておられるそこのあなた、こちらをお試しください。

ライ麦の独特の風味が、クランベリーの果肉によっていい感じに緩和されています。ほんのり甘いので、特に何かを塗らずとも、がんがんいけちゃいますよ。

味覚がコンサバな方用。(私みたいな。笑)

後悔はさせません!是非、お試しあれ。
最近、大型パンの売れ行きが好調な当店です。これもひとえに、みなさまのお陰と感謝しております。

ありがとうございます。


大型パンは、やはり値段が高めなため、口に合わないからといってゴミ箱行きにするには惜しい出資なので、この系のパンの売れ行きがよい、ってことは、リピート買いしてくださるお客様が徐々に増えつつあるのではないか?と淡い期待をいただいているわけです。

そして、ドイツパン好きな方が、わざわざ遠いところから買いに来てくださる割合もかなり増えてるのですが、最近よく聞かれる質問に、

ライ麦100%のパンが欲しいんですけど。。

と言われて、店主は驚愕しています。


ライ麦パン


ライ麦100%って、焼くのは無理らしい。。。

つなぎがないと無理なんですって。

店主の説明によると、ライ麦100%でオーブンに入れると、ぼろぼろになると。

「ひき肉を醤油でいためて、ご飯の上にかけてる」お弁当が、コンビニなんかで売られていますよね。あのイメージかと。



だからうちの場合、ライ麦比率90%が最高です。


うちの場合、つなぎは普通の白パンに使う粉ですが、ライ麦100%と唱っているライ麦パンって、なにをつなぎに使っているのでしょうか?ここが、疑問点。

そして、店主はドイツでも自分の店を経営していましたが、ライ麦100%を希望するドイツ人はひとりもいなかったと。

なんで、日本人はライ麦100%を欲しがるの?

と、私に質問してきまして。

そんなん、知るか!

と返したところです。

どなたか、ご存知の方、いらっしゃいますでしょうか?
昨日から、当店のまわりは、水道管工事の準備とやらで、店のまわりの道が完全封鎖されております。(涙)

農夫のパン


当店が昨年開店してから、道路工事はこれが初めてではございません。

なぜか、日本では年度末に向けて、いろいろな場所で道路工事が始まるので、新年度の4月を迎えるまでは、この調子かもしれぬ、という危機感さえ感じております。

当店は、大通りに面していないので、ちょっとした工事が始まっただけで、大打撃を受けるんですね。。。

前回、店の前の道路工事をされた時も、売上が激減しました。そのため、店主は、パニックしております。


当店、日曜日以外は、午前10時〜午後6時で営業しておりますからねー。

足場が悪くて恐縮ですが、ぜひぜひ、お立ち寄りくださいませ。ご来店を心よりお待ち申し上げます。

WHAT'S NEW?