Photo Gallery

一週間ほど夏休みをいただき、海に行ってまいりました。九十九里浜。よかったー。リラックス出来たー。

ということで、昨日から店も通常運転しておりますよ。


昨日からまた、Zwiebelkuchen_ツヴィーベルクーヘン(たまねぎのお菓子)が店頭に並んでおります。ドイツの秋の風物詩ですね。これを食べずして、秋はまいりません in Germany.


Zwiebelkuchen.jpg

とにかく、味が濃厚。たまねぎを刻んで、バターと一緒にきつね色になるまで炒めてます。その他の加工手順は、企業秘密だ。(←不敵な笑み。)


季節限定品なので、ぜひお早めにお試しくださいね。



話は変わりますが、、、

当店、ヨーロッパのお客様も多いのですが、昨日、いつもお馴染みのドイツ人お客様がお越しになり、

「BTW(=Bäckerei Thüringer Wald)のパンは、ドイツ本国で買うより美味しい!!!激ウマだ!!!」
(↑ドイツ語で言ってくださってますが、私が勝手に日本語訳つけてみた。笑)
と言ってくださったそうでして。

店主が、ひじょーによろこんでおりまして。「ブログに載せとけ。」と。

自分が作ったパンを「おいしい」と喜んでいただけることを支えに、長時間労働に耐えております。

ぜひぜひ、「うま。」と思われたお客様、店主に声をかけてやってくださいまし。

Frank.jpg

(↑深い意味はありませんが、念のため、店主の顔も載せときます。)


スポンサーサイト
新作パンのご紹介です。
名前、やたら長くね?(笑)って。

その名も、Thüringer Kartofellnbrot_テューリンガーカートフェルンブロート

Kartoffen_brot2



Thüringer(テューリンガー)は、店主の故郷、ドイツのテューリンゲン州の形容詞化。訳すと、「テューリンガーの」です。

Kartoffeln(カートフェルン)は、「じゃがいも」。ドイツ人の主食。これ食べて、ドイツ国民みんな、あんなに大きくなりました。(と私は密かに感じている。)

Brot(ブロート)は、今更ですが、「パン」です。


なんとなく、日本語に訳したくない名前だなーと。訳すと、あまりおいしそうじゃない。。。。(笑)



ライ麦比率70%じゃがいも25% 。ちなみに、じゃがいもは、化学肥料を使ってません。バイオです。(ドイツ語で発音するとビオ。)

じゃがいもは、茹でて潰してあります。ただし、パンの中身として、ポテトサラダみたいには入ってませんYO。
ライ麦と一緒に、生地に練りこんであります

茹でて潰したじゃがいもを入れることによって、保存期間が通常のライ麦パンより長くなり、ジューシーな感じが保たれます。


Kartoffen_brot


丸パン二つが合わさってますが、

一つ目は、パセリとじゃがいも、二つ目は、じゃがいもだけ入っています。

パセリとじゃがいものコンビネーションって、ドイツの伝統だそうです。


当店でしか食べられない味です。ぜひお試しくださいませ。


当店のユニフォームのTシャツですが、ちょくちょく、お客様より、「販売しないの?」とお問い合わせをいただいておりました。

当初、その気ゼロでしたが、お問い合わせが重なりましたため、急遽販売することにいたしました。

Joe.png

↑(モデル)うちのマスコットボーイ、Joeさん。ドイツパンのことなら、なんでも聞いてね。




このT-シャツの柄なんですが、当店にお越しのお客様ならみなさん見ておられるはず。
製造と販売部分のドアにも、同じ絵があります。


実は、これ、店主の長男の作品です。
名前は、Martin。プロのイラストレーター。ドイツ某高級新聞にも、彼の風刺画がよく掲載されているほどの実力者。

そんな有名人を持った父は、この息子を誇りにしておりまして、店のロゴもお願いした次第です。



IMG_0239.jpg

サイズはMだけです。
ヨーロッパサイズのMですので、ちと大きめかも。

せっかくですので、当店のエコバックもつけての販売となります。


ご興味がありましたら、是非、当店で手にとってご覧くださいませ。
ご来店をお待ちしております。
またもや、新作のご案内です:

Thüringer Honigkuchen_テューリンガーホーニッヒクーヘン

IMG_0228.jpg



名前がやたら長い。(笑)

これなんですか?というと、

テューリンゲン州(←店主の故郷。)のはちみつのお菓子、です。



開発当初、リーズナブルなはちみつを使って試作しましたが、店主の思い通りの味にならず、結局は、高級はつみつを使用することと相成りました。

素人のワタクシでも、そのはちみつのお味の違いはきっちり認識できます。それほど、素材が違うと味も全く変わってしまう、というよい例だと思います。

特にはちみつは、価格帯の味の違いだけではなく、蜂の種類でも味が変わってきますからね。

おいしー、と純粋に叫べるものから、なんだか鼻に付くわ、というものまで、いろいろありますね。


当店のはちみつクーヘンは、いかに?
それはお味を試してからのお楽しみということで。



ぜひ、ご賞味くださいませ。

今日の関東地方は、春を通り越して初夏の暑さですね。
いかがお過ごしでしょうか?

早速、新作パンのご紹介です:

その名も、Frühstuckbrot_朝食パン

IMG_0214.jpg


生地は、ライ麦比率10%。中にブルーベリージャムが入ってます。このジャムはもちろん、店主の手作りです。

日本で市販されているジャムは、とにかく甘いという印象がありませんか?

だから、フルーツは違えどその味がほとんど一緒、という感じがします。


その点、店主手作りのブルーベリージャムは、砂糖控えめで果物の味を生かした作りになっています。

また、パン生地自体にも砂糖は一切入っておりませんので、あっさりした食感です。


この春らしくない暑い気候の中、さっぱりしたパンをご希望でしたら、ぜひ、Frühstuckbrot_朝食パンをお試しくださいませ。


WHAT'S NEW?