Photo Gallery

お久しぶりの更新となりました。

年明けに、某有名情報番組の放送がありまして、当店、ランクインしておりました!!!
それを観てくださったお客様が殺到して、うれしい悲鳴をあげているところです。ありがとうございます。

それと並行して、口コミでご来店いただいたお客様数も激増し、現在、店主は午前3時から仕込みを開始しております。

自宅に戻らないのは、妻的には想定内。商品の質を落とすわけにはまいりませんので、お客様のご期待を裏切らないように頑張っています。店主がね。妻は、叱咤激励のみ。


では、本題に入らせていただきます:

新作パンのご紹介です。


Glücks-Brot_幸福のパン。

IMG_0007.jpeg

パン生地は、クヴァーク(という、ヨーグルトとチーズの中間の乳製品)で、中にウオールナッツサルタナ(=干しぶどうより小粒のぶどう)が入っています。

ルックス的には、春を感じさせますね。

ぜひ、ご賞味くださいませ。
スポンサーサイト
Kümmelbrotをご希望のお客様へ:

Kümmelbrotをご注文されたお客様がいらっしゃいまして(すみません、お名前を聞いておりませんでした!)、店主が、「焼いたらブログに載せるね。」とお約束したとのこと。

焼き上がりました。できたてのホヤホヤです。↓↓↓

Kümmelbrot

是非、ご来店くださいませ。




ついでに、Kartofelnbrotもご案内いたします:

Kartoffelnbrot

記事にじゃがいもが練りこまれています。

こちらも、当店の定番商品です。

ご来店をお待ちしております。
新作パンのご紹介です。
名前、やたら長くね?(笑)って。

その名も、Thüringer Kartofellnbrot_テューリンガーカートフェルンブロート

Kartoffen_brot2



Thüringer(テューリンガー)は、店主の故郷、ドイツのテューリンゲン州の形容詞化。訳すと、「テューリンガーの」です。

Kartoffeln(カートフェルン)は、「じゃがいも」。ドイツ人の主食。これ食べて、ドイツ国民みんな、あんなに大きくなりました。(と私は密かに感じている。)

Brot(ブロート)は、今更ですが、「パン」です。


なんとなく、日本語に訳したくない名前だなーと。訳すと、あまりおいしそうじゃない。。。。(笑)



ライ麦比率70%じゃがいも25% 。ちなみに、じゃがいもは、化学肥料を使ってません。バイオです。(ドイツ語で発音するとビオ。)

じゃがいもは、茹でて潰してあります。ただし、パンの中身として、ポテトサラダみたいには入ってませんYO。
ライ麦と一緒に、生地に練りこんであります

茹でて潰したじゃがいもを入れることによって、保存期間が通常のライ麦パンより長くなり、ジューシーな感じが保たれます。


Kartoffen_brot


丸パン二つが合わさってますが、

一つ目は、パセリとじゃがいも、二つ目は、じゃがいもだけ入っています。

パセリとじゃがいものコンビネーションって、ドイツの伝統だそうです。


当店でしか食べられない味です。ぜひお試しくださいませ。


今日の関東地方は、春を通り越して初夏の暑さですね。
いかがお過ごしでしょうか?

早速、新作パンのご紹介です:

その名も、Frühstuckbrot_朝食パン

IMG_0214.jpg


生地は、ライ麦比率10%。中にブルーベリージャムが入ってます。このジャムはもちろん、店主の手作りです。

日本で市販されているジャムは、とにかく甘いという印象がありませんか?

だから、フルーツは違えどその味がほとんど一緒、という感じがします。


その点、店主手作りのブルーベリージャムは、砂糖控えめで果物の味を生かした作りになっています。

また、パン生地自体にも砂糖は一切入っておりませんので、あっさりした食感です。


この春らしくない暑い気候の中、さっぱりしたパンをご希望でしたら、ぜひ、Frühstuckbrot_朝食パンをお試しくださいませ。


ワタクシ、また、やっちまいました。。。

バナナ、買いすぎた(爆)。


ということで、バナナ関連商品を割引価格で販売致します。

例えば、、、

AffenBrot_2.jpg

Affenbrot_さるパン

bananenkuchen_klein.jpg

Bananenkuchen_バナナクーヘン

バナナパン

Bananenbrot_バナナパン

などが対象商品となります。

バナナ系の商品が、すべて10%Off。期間は、3月13日(月)〜18日(土)までの予定。

ただし、(私が仕入れすぎた)バナナがなくなり次第、定価に戻ります。


***********************************************************************************************************

ところで、話はがらっと変わりますが。。。

日本人の中には、ドイツパンというと、硬いとかぱさぱさしてる、とか、あまりよいイメージを持っておられない方も少なくないのではと思っています。

これはおそらくなのですが、ドイツ本国から輸入して販売しているスーパーなどでは、ブツ自体が新鮮じゃないのかも。。あとは、こんな感じ?っていう先入観で、職人さんが焼いてしまっている可能性もあるかもしれません。

そんなよいイメージを持っておられないお客様こそ、当店のライ麦パンをお試しいただけたらうれしいなーと。イメージ、がらっと変わります。(たぶん。笑。私がそうでした。)


20160223.jpg

↑こちら、当店のRoggenmischbrotです。


そして、当店にお越しいただいたお客様の中で、「ええ、これドイツのパン屋と違うだろ。」とおっしゃる方がおられるのですが、、、確かに、ドイツは日本みたいにパンの中に詰め物をしたパンは売ってません。

だから、「ドイツぽくないだろ」って言われればそれまでですが、当店では、ライ麦パンを原料にした創作パンも多数販売しています。

だって、当店、ドイツではなくて、日本にあるんですから。(笑)パンの中身も店主のこだわりの手作りなので、あまり偏見を持たずに、お試しいただけたらうれいしなーと。

michiko1.jpg




これは、ドイツから観光で東京にいらっしゃって、当店でドイツパンをお買い上げくださったドイツ人さんがおっしゃっていたそうなのですが、、、(え、日本に遊びに来て、ドイツパン食べたいの?ってツッコミはなしで。(笑))



ドイツのパン屋さんは実際のところ、オートメーション化がかなり進んでしまい、一から手作りの店が絶滅しかかったそうでして。

でも、裕福層の間で、また手作りのパン屋さんがトレンドになりつつあるそうです。
そして、「こんな種類の多いパン屋は初めてみた」とお褒めの言葉もいただいたとのこと。


だから、何を持ってドイツのパン屋さんなの?ってことなんです。。。



ご自分がお住まいになったか、観光なさったかしたところの街角のパン屋さんが、その方のドイツパン屋の基準になっているのですよね、たぶん。。。

生意気申し上げるようですが、ドイツと一言でいっても、かなり広うございます。地方によって、パンの形や味も違いますしね。。。だから、もっと視野を広げて食してみてもよいのではないでしょうかね?

ご自分の想像するパンと違ったからと全否定するのではなく、「へー、こんなパンもあるんだね。」ってことで受け入れると、味覚のバラエティーも広がるのではないかと思いました。


あれーっ、今日は何気にマジですね、私。。。いつもと何か違う。(笑)
説教くさかったら、流しちゃってくださいませ。

WHAT'S NEW?