Photo Gallery

PlakatA_blog.jpg

↑こちら、当店のロゴです。ドイツのプロのグラフィックデザイナーに発注した特注品です。



当店のブログにご訪問いただきましてありがとうございます。



Bäckerei Thüringer Wald
ベッケライ テューリンガーヴァルト

ドイツ国家有資格者のドイツ人手工業マイスター(=deutscher Handwerksbäckermeister)が、すべて手作りで販売いたします。


店主は、「材料は機械を使わずすべて手作りし、炭焼き釜でへらを使って焼く」というドイツ伝統製法 (=alt Backen)
で厳しい職業訓練を受けた、今では数少ないドイツパン職人のひとりです。

天然素材を使い、食品添加物は一切使用していません。



商品はすべて製造責任者が開発したレシピで、この店でしか購入できません。


ぜひ、ご賞味ください。

スポンサーサイト
平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

店2_170713




当店の年末年始休業日は、

2017年12月29日(金)〜2018年1月7日(日)

となります。

またのご来店を、心よりお待ち申し上げます。
今ほど、店主からSMSが送られてきて、この新しいパンをブログに載せてくれと。

その名も、Krokodil_クロコダイル

IMG_0002.jpeg

ワニがソーセージを咥えているイメージ?

私は、亀に見えましたけど。


詳細は不明のため、後日追記します。
お試しあれ!!!(←無責任ですみません。)


(追記)

店主に詰め寄り、詳細を確認いたしました:

このソーセージはドイツからの輸入品。味は3種類あり、どれも絶品。ドイツ本場の味。
パンはWeizenmischだそうです。ライ麦率40%。

ドイツ本国の屋台で売られているソーセージ(白パン付き)のイメージで、フォームをワニにしました。
目のところは、黒ごま、鼻先は白ゴマ(笑)です。

ぜひ、ドイツ本場の味をご堪能くださいませ。

消費税8%分をサービス致します。


11月1日(火)限りの、大出血サービスですので、是非是非、この機会に爆買いの方、どうぞよろしくお願い致します。

IMGP0934.jpg


実は、ライ麦パンって、3、4日目あたりがおいしいってご存知でした?

できたてはもちろんうまうまです。

2日目は、微妙。焼きたてでもなければ、熟成されてもいない感じとでも言いますか。。。

3日〜4日目あたりが、熟成度が高いですよ。当店はサワー種も店主が手作りしてます。


ちなみに、焼きたてパンは体にやさしくないです。「病人には、古いパンを食べさせろ」ってことわざもあるくらいですからね。

普段、「これが一番」って思っている食べ方って、実は一番じゃなかったりもするもんです。



もっとうんちくを聞きたかったら、是非、当店にお越し下さい。店主が語り倒します。


IMGP0672.jpg


↑これ、うちのゴールデンさんです。「家政婦は見た」の市原悦子さんじゃ、ありませんYo!
Einfaches Hörnchen mit Creme_アインファヒェスヘーンヒェン 練乳入りの販売を再開致します。

(ごめんなさい、写真がありません。)

これは、ライ麦40%の小さいパンに当店特製ミルククリームが入ったものです。

ちなみに、クリームが入っていない方は、年中店先に並んでいまして、店主の妻も毎日、朝食で食べているお気に入りの一品です。(ワタクシは、メープルシロップとさくらんぼのジャムを付けて食しております。)


このパンの中に入っているクリームは、店主が自分で作っています。

オリジナルレシピは、原材料を届けてもらっている業者さんから教えてもらいましたが、やはり店主的には、味に物足りなさががあったらしく、いろいろ加えて現在のクリームになっています。

イメージとしては、「ミルクフランス」として他のパン屋さんで売られているものに近い、と考えてください。

夏の暑い時期は、クリームへのダメージを考えて、販売しておりませんでした。

また涼しくなってきて、販売を再開しています。

IMGP0989.jpg

(↑これは、記事とは全然関係のない、当店で販売しているパンです。私の駄文だけではなんですし、とりあえず、何か画像をと思い載せてみました。笑)

まだ食していないみなさま、是非、一度お試しください。

WHAT'S NEW?